Быстрая перевозка груза более чем в 80 странах мира, включая Россия! Обслуживание покупателей: +1-586-782-7852   |   Поддержка
ru
Россия
0
 Корзина
Товары в вашей корзине Количество Цена
подитог: 0 руб
0 руб

睡眠時無呼吸のCPAP治療で夜間頻尿が低減する可能性 - eVitamins Россия

閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)を持続陽圧呼吸療法(CPAP)で治療すると、夜間の頻尿も改善される可能性があることが、新たな研究で示された。
1.
руб423.34

閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)を持続陽圧呼吸療法(CPAP)で治療すると、夜間の頻尿も改善される可能性があることが、新たな研究で示された。研究者らによると、この研究は実臨床のOSA患者における夜間頻尿の発生率、さらにはOSAに対するCPAP治療が夜間頻尿にどの程度有効であるかを初めて明らかにしたものだという。

 マーストリヒト大学医療センター(オランダ)のSajjad Rahnama'i氏らによる今回の研究は、英ロンドンで3月24~28日に開催された欧州泌尿器学会年次集会(EAU17)で3月26日に発表された。

 睡眠時無呼吸に詳しい米プレインビュー病院(ニューヨーク州プレインビュー)のAlan Mensch氏によると、睡眠時無呼吸と夜間頻尿は併発することが多いという。その理由として、未治療の睡眠時無呼吸があると夜間の尿産生量が増大することのほか、睡眠時無呼吸の引き起こす酸素欠乏によって腎臓への血流が促進される可能性や、単に目が覚めると尿意を覚えやすい可能性も挙げられている。

 今回の研究では、OSAに対するCPAP治療を受けた256人を追跡調査した。CPAP治療は、マスクを装着して一定の気流を送り込むことにより、睡眠中の気道の閉塞を防止するものである。

 その結果、CPAP治療を始める前は、患者の69%が夜間に2回以上トイレのために起きていた。しかしCPAP治療を始めると、患者の65%が夜間の排尿回数が減少したことを報告していた。たとえば、一晩に2回トイレのために起きていた患者77人のうち32人(42%)は、治療開始後は朝までトイレに起きずに寝られるようになった。

 米アーサー・スミス泌尿器研究所(ニューヨーク州サクセス湖)のManish Vira氏はこの知見について、「有望な結果だが、夜間頻尿の原因となりうる疾患は睡眠時無呼吸以外にもいくつもある」と指摘。そのため患者によっては、CPAP治療で睡眠時無呼吸が改善しても夜間の排尿回数は減らない場合もあるとしている。

 一方で、米レノックス・ヒル病院、睡眠医学センターのSteven Feinsilver氏は、夜間頻尿が睡眠時無呼吸を診断する手がかりになる可能性を指摘し、「とくに腎臓や前立腺に問題のない高齢者では、夜間頻尿の背景に睡眠時無呼吸が隠されている可能性がある」と述べている。「高齢男性の患者で、前立腺肥大を治療しても改善されなかった夜間頻尿が、睡眠障害を治療してようやく改善されるケースを数多くみてきた」と、同氏は話している。なお、学会発表された知見は、査読を受けて医学誌に掲載されるまでは予備的なものとみなす必要がある。(HealthDay News 2017年3月27日)

Поделиться:
Related Articles You May Like
Lip Balm Ingredients To Avoid
Lip Balm Ingredients To Avoid
Our Top 5 Products For Meditation
Our Top 5 Products For Meditation
Create Your Own Bug Spray and Repellent
Create Your Own Bug Spray and Repellent
Improve Posture To Eliminate Pain
Improve Posture To Eliminate Pain


RELATED CATEGORIES
Chamomile

St John's Wort

Средства от тревоги

Цветочные эссенции



Поддержка сна - Вам может понравиться этот товар
Купоны и акции
Подписаться
eVitamins Россия, Copyright 1999-2017. Все права защищены.

Вся информация об определенных витаминах, добавках, процедурах или товарах, продаваемых на сайте или через сайт, не была проверена eVitamins или Администрацией США по продуктам и обороту лекарственных средств. Информация не предназначена для постановки диагноза, выбора препаратов, лечения и профилактики болезней. Информация на данном сайте представлена исключительно в информационных целях. Проконсультируйтесь с врачом перед началом диеты, упражнений или приемом любых добавок и витаминов, а также если предполагаете наличие каких-либо заболеваний.

Конфиденциальность | Условия