カスタマーサービス: +81-3-4540-9746   |   サポート   |   会社概要
Shareシェア&10ドルをゲット
あなたの報酬コードが添付されたこのページをコピーして共有し、$ 10ドルを獲得し、他の人のお金を節約します。 詳しくはこちら
 ショッピングカート
お客様の カート中身 数量 単価
小計: ¥ 0

Health News

コーヒーや茶に肝臓の保護効果?
 コーヒーやハーブティーを日常的に飲むと慢性肝疾患を予防できる可能性があることが、オランダ・エラスムス医療センターのLouise Alferink氏らの研究で示唆され、「Journal of Hepatology」6月1日オンライン版に掲載された。
腟の細菌叢がヘルペスやジカの感染を防ぐ可能性
 ジカウイルスや単純ヘルペスウイルス2型は性行為によって感染することが知られているが、女性の腟に存在する細菌が、これらのウイルス感染を防御している可能性が米テキサス大学医学部のMegan Amerson氏らによる研究で示唆された。
米国でイヌのインフルエンザが流行中
感染力が極めて強いイヌのインフルエンザが、米国のイヌの間で広がっている。
家庭血圧計の測定値、7割に誤差 ―カナダ調査
健康管理のために家庭血圧計を使用している高齢者は珍しくないが、その測定値の約7割に5mmHg以上の誤差があったとするカナダの小規模研究の結果が「American Journal of Hypertension」7月号に掲載された。
朝食の炭水化物の比率で意思決定が変わる?
重大な決定を下さなければならない日、朝食は卵とシリアルのどちらにすべきだろうか。
運動すると骨内でも脂肪が燃焼する?
運動をすると骨量が増え、骨密度が向上するだけでなく、骨の中の脂肪も燃焼する可能性のあることが、マウスを用いた研究で示唆された。
低脂肪乳製品の日常的な摂取でパーキンソン病リスク上昇か
低脂肪の牛乳やチーズ、ヨーグルトなどの乳製品を摂取することは健康的だと考えられているが、これらを日常的に摂取することでパーキンソン病の発症リスクがわずかに上昇する可能性が、米ハーバード大学T.H.チャン公衆衛生学部のKatherine Hughes氏らによる研究で示唆され、「Neurology」6月8日オンライン版に掲載された。
製薬企業から医師への金品はがん治療薬の選択を左右するのか
製薬企業から食事を提供されたり、旅費や講演料などを受け取ったりしたことがある腫瘍医は、その企業が製造するがん治療薬を処方する確率が高いことが、米ノースカロライナ大学のAaron Mitchell氏らによる研究で明らかになった。
「週末だけ夜更かし」は心臓に負担
平日は規則的な睡眠習慣を守っているのに週末になると夜更かししてしまうという人は、心疾患を発症するなど健康を損なう可能性が高まることが、米アリゾナ大学のSierra Forbush氏らの研究で示唆された。
豆乳やアーモンドミルクを飲む幼児は背が低い?
牛乳の代わりに豆乳やアーモンドミルクを飲んでいる子どもの身長は、牛乳を飲んでいる子どもよりもわずかに低いことを示唆する研究結果が報告され、「American Journal of Clinical Nutrition」オンライン版に6月7日掲載された。
政府助成のがん臨床試験の成果で米国人の生存期間が300万年延長
公的資金により実施された臨床試験の成果として、がん患者の生存期間が大幅に延長したことが、新たな米国の調査で明らかになった。
症状を報告するオンラインツールでがん患者の生存期間が延長
化学療法を受けている進行がん患者にタブレット端末などを用いてオンラインで症状を医師などに報告してもらうツールを導入した結果、全生存期間(OS)が延長したとするランダム化比較試験の成績が明らかになった。
ミイラのDNAがエジプトの歴史を紐解く手がかりに
古代エジプトのミイラと現代エジプト人のDNA解析から、古代エジプト人は遺伝的に地中海東岸のアラブ諸国の人々に近いことが明らかになった。
高齢者の抑うつは転倒の前触れ? 治療薬の調整が鍵に
高齢者では抑うつ症状が転倒リスクを高めるが、抗うつ薬などの治療薬を適切な用量で用いれば同リスクを抑制できる可能性があることが、新たな研究で示唆された。
他の治療が効かないC型肝炎患者に新しい配合剤が有望
他の治療が奏効しなかったC型肝炎患者に対し、3種類の強力な直接作用型抗ウイルス薬(DAA)であるソホスブビル、velpatasvir、voxilaprevirを含有する配合剤がほぼ100%有効である可能性が示された。
他人の体調はにおいで分かる?
人間がにおいと見た目から他人の病気を感知し、避けようとする能力は、これまで考えられていた以上に優れていることが新たな研究で示唆された。
溺水事故ではバイスタンダーCPRにより神経学的予後が改善
溺水した人に対し、現場に居合わせた人(バイスタンダー)がすぐに胸骨圧迫を始めれば、良好な脳機能を回復できる可能性が高まることが、米南カリフォルニア大学(USC)ケック医学部のJoshua Tobin氏らの研究で分かった。
腹部脂肪が増えるとがんリスクが上昇
余分な脂肪が付くと一部のがんリスクが上昇するが、その際は脂肪の量だけでなく脂肪の付く場所が重要であるという研究結果が、「British Journal of Cancer」オンライン版に4月25日に掲載された。
脱毛に免疫細胞の異常が関与する可能性
免疫細胞の異常が脱毛に寄与している可能性が、新たな研究で示唆された。
膵がんの早期発見につながる血液検査を開発
膵がんの早期診断につながる新たな血液検査を開発したと、米マサチューセッツ総合病院(ボストン)のCesar Castro氏らの研究グループが報告した。
クーポン&プロモーション
サインアップ
eVitamins.com, © コピーライト 1999-2018 無断複写・転載を禁じます eVitamins, LLC

eVitaminsに書かれている文章、もしくはeVitaminsで販売している特定のビタミン剤、サプリメント、その他商品、またはこのウェブサイト上を経由して販売される他の項目について書かれている文章が、eVitaminsまたは米国食品医薬品局(厚生省)により評価されたものではありません。 これらは病気の診断、治療、あるいは予防が出来る保証はありません。このサイト上で提供される情報は、情報提供のみを目的としています。特別な食事療法、運動、サプリメントプログラムを開始する前やビタミ、薬など服用する前に、必ず医師や専門知識を持っている方に相談してください。または疑わしい問題がある場合は必ず医師に相談してください。

eVitamins, LLC - 6833 Auburn, Utica, MI 48317 USA - 1-888-222-6056


プライバシーに関する方針 | 諸条件