$5.00 OFF to New Customers : Use SAVEME5
Customer Service: 1.888.222.6056   |   Support
English
0
 Shopping Cart
Items in your shopping cart Quantity Price
Subtotal: $0.00
$0.00

大腸がんの位置が患者の生存率を左右する

大腸がんの発生部位が患者の生存率に影響する可能性があることが、新たな報告で明らかにされた。この報告を受けて、がんの専門家である米ノースウェル・ヘルス(ニューヨーク州マンハセット)のDavid Bernstein氏は、「右側と左側、どちら側の大腸がんであるかが問題だ」と話している。
1.
$12.40
2.
$18.35
3.
$8.81
(4)


大腸がんの発生部位が患者の生存率に影響する可能性があることが、新たな報告で明らかにされた。この報告を受けて、がんの専門家である米ノースウェル・ヘルス(ニューヨーク州マンハセット)のDavid Bernstein氏は、「右側と左側、どちら側の大腸がんであるかが問題だ」と話している。

 左側のがんとは、比較的肛門に近く、直腸、S状結腸、下行結腸に位置するがんである。このがんでは通常、出血や部分閉塞がみられるため、患者は早期に医療機関を受診するという。

 一方、右側のがんは大腸の始まり、小腸との接合部に近い部分に位置する。一般的には閉塞はみられないが、貧血になる傾向があり、転移する可能性が高く、特に肝臓には転移しやすいとBernstein氏は説明する。進行してから発見されることが多いため、右側の大腸がんは左側よりも予後が悪い。

 今回の研究でも同様の結果が示された。イタリア、ASST Bergamo OvestのFausto Petrelli氏が率いる研究チームは、計140万人以上を対象とする66件の研究のデータをレビューした。追跡期間の中央値は5年強であった。

 その結果、左側に腫瘍のある大腸がん患者は、右側に腫瘍のある患者に比べて、死亡率が約20%低かった。また、単に発見が遅れること以外にも原因があるようだと同氏らは指摘する。右側と左側の大腸がんの生存率の差は、診断時の病期という因子を除外してもなお認められたという。

 Petrelli氏らによると、先行研究で右側と左側の大腸がんは遺伝的にも別物であることが示されているといい、今回の新たな知見に基づき 「治療の強度を決定する際は、原発腫瘍の位置を十分に考慮する必要がある」と述べている。

 この知見をレビューした別のがん専門家、米ウィンスロップ大学病院(ニューヨーク州ミネオラ)のJules Garbus氏は、「今回の報告は大腸がんスクリーニングでどの器機を選ぶかにも影響する」と指摘する。S状結腸鏡検査では大腸の左側、肛門から左上腹部までしか検査できないが、大腸内視鏡検査ではその範囲を超えて大腸全体を完全に検査できると同氏は説明し、「今回の研究から、予後と治療法を確定するうえでがんの位置は欠かせない要素であり、依然として大腸内視鏡が大腸がんスクリーニングのゴールドスタンダードであることが示された」と述べている。

 今回の研究は、「JAMA Oncology」オンライン版に10月27日掲載された。(HealthDay News 2016年10月27日)

Share:


RELATED CATEGORIES
Absorption

Children's Digestion

Colon

Constipation & Laxatives

Diarrhea & IBS

Fast Food

Gas & Bloating

Heartburn - Indigestion

Lactose Intolerance

Probiotics

Colon Cleanse



Colon products you may like:
Natural Balance Colon Clenz
Natural Balance Ultra Colon Clenz
Futurebiotics Colon Green
Health Plus Super Colon Cleanse
OxyLife Royal Flush Bowel Stimulant
Health Plus The Original Colon Cleanse
Coupons & promos
Sign Up
eVitamins, Copyright 1999-2016. All Rights Reserved.

Statements made about specific vitamins, supplements, procedures or other items sold on or through this website have not been evaluated by eVitamins or by the United States Food and Drug Administration. They are not intended to diagnose, treat, cure or prevent disease. The information provided on this site is for informational purposes only. As always, please consult with a licensed doctor or physician before starting any diet, exercise or supplement program, before taking any vitamin or medication, or if you have or suspect you might have a problem.

Privacy Policy | Terms and Conditions