$5.00 OFF to New Customers : Use SAVEME5
Customer Service: 1.888.222.6056   |   Support
English
0
 Shopping Cart
Items in your shopping cart Quantity Price
Subtotal: $0.00
$0.00

米ガイドライン、60歳以上の降圧薬処方基準を緩和

米国内科学会(ACP)および米国家庭医学会(AAFP)が発行した新たなガイドラインで、60歳以上の健康な成人の血圧治療の目標値を緩和することが推奨された。
1.
$15.95
(35)
2.
$6.29

米国内科学会(ACP)および米国家庭医学会(AAFP)が発行した新たなガイドラインで、60歳以上の健康な成人の血圧治療の目標値を緩和することが推奨された。

 これまで高血圧の境界値は、収縮期血圧(高いほうの数値)で140mmHgに設定されていた。しかし、新ガイドラインでは、60歳以上の成人の場合は収縮期血圧150mmHg以上を治療開始の基準としている。このように目標を緩めることにより、便益と害のバランスが適切となるという。それ以上積極的な治療を行っても、得られる便益はほとんどないとACPおよびAAFPは述べている。

 米ノースウェル・ヘルス(ニューヨーク州グレートネック)のGisele Wolf-Klein氏によると、健康な高齢者の血圧コントロールを厳しくすると、便益よりも害のほうが大きく、極度の低血圧や失神などの事象を引き起こす可能性もあることが、近年の複数の研究で示唆されているという。

 しかし、心血管治療はどの患者にも一律にすべきものではなく、患者によっては目標値をさらに下げる方がよい場合もあると、新ガイドラインの著者らは述べている。たとえば、脳卒中または「ミニ脳卒中」の既往のある60歳以上の成人の場合は、収縮期血圧140mmHg未満を目指す必要があるという。また、心臓障害リスクが高いと思われる60歳以上の成人にも同様の治療を検討すべきだと、ガイドラインでは述べている。

 米ウィンスロップ大学病院(ニューヨーク州ミネオラ)のKevin Marzo氏は、「60歳以上の集団では半数以上に高血圧がみられる。十分な治療をしないと、脳卒中、心筋梗塞、心不全などの重篤な心血管障害のリスクが増大する」と指摘する。同氏によると、60歳以上の健康な人には150mmHgの目標値が適すると思われるが、脳卒中や心筋梗塞の既往、心疾患の著明な危険因子など、既知の心血管疾患のある成人の場合は140mmHg未満まで目標値を下げるのが望ましいという。

 このガイドラインは「Annals of Internal Medicine」および「Annals of Family Medicine」に1月17日掲載された。(HealthDay News 2017年1月16日)

Share:
Related Articles You May Like
New Study Links Vitamin C with Reduced Stroke Risk
New Study Links Vitamin C with Reduced Stroke Risk
Understanding the New Blood Pressure Guidelines
Understanding the New Blood Pressure Guidelines
What Blood Pressure Should Be
What Blood Pressure Should Be


RELATED CATEGORIES
Stress Vitamins

Weight Gain From Stress



Blood Pressure products you may like:
Coupons & promos
Sign Up
eVitamins, Copyright 1999-2016. All Rights Reserved.

Statements made about specific vitamins, supplements, procedures or other items sold on or through this website have not been evaluated by eVitamins or by the United States Food and Drug Administration. They are not intended to diagnose, treat, cure or prevent disease. The information provided on this site is for informational purposes only. As always, please consult with a licensed doctor or physician before starting any diet, exercise or supplement program, before taking any vitamin or medication, or if you have or suspect you might have a problem.

Privacy Policy | Terms and Conditions