$5.00 OFF to New Customers : Use SAVEME5
Customer Service: 1.888.222.6056   |   Support
ww
English
0
 Shopping Cart
Items in your shopping cart Quantity Price
Subtotal: $0.00
$0.00

ヨガに関連する怪我に注意

近年、米国ではヨガを始める人が増加しているが、ヨガによる傷害の発生率も上昇していることが判明した。
1.
$5.43
2.
$5.43
3.
$23.99

近年、米国ではヨガを始める人が増加しているが、ヨガによる傷害の発生率も上昇していることが判明した。米アラバマ大学バーミンガム校(UAB)のThomas Swain氏らの研究で、「Orthopaedic Journal of Sports Medicine」オンライン版に2016年11月16日掲載された。

 2001~2014年には、約3万人の米国人がヨガによる捻挫・骨折またはその他の傷害で救急科を受診した。この数字はヨガに取り組む人数に比べれば少数であり、深刻な傷害が起きる可能性は依然として低いが、ERでの治療を要する傷害の発生率は徐々に上昇しており、2001年のヨガ人口10万人あたり約9.5人から2014年には17人に増加した。しかも、これには外来受診や未治療の傷害は含まれていない。

 今回の結果は、米国の病院100施設から情報を収集した米国電子傷害監視システム(NEISS)の数字に基づくもの。傷害の種類は、関節捻挫・筋挫傷が45%、骨折が約5%であった。ただし多くの場合、具体的な診断名は記録されていなかった。特に65歳以上の高齢者で最もリスクが高く、2014年にはヨガ人口10万人あたり58件の傷害が発生した。これは全年齢の発生率10万人あたり17件の3倍以上であった。

 米国では2007年、成人の約5%がヨガをしていたが、わずか5年後には約2倍の9.5%になった。ただし、この数字だけで傷害の増加は説明できないという。Swain氏は、「全体としてヨガは比較的安全で、それ以上に利益がある可能性がある」と話しているが、共著者の1人は 「ヨガにはさまざまなスタイルがあり、自分にあわせた難易度のクラスで始めることが重要だ」とアドバイスしている。(HealthDay News 2016年12月22日)

Share:


RELATED CATEGORIES
Gels & Energy

Recovery

Runner's Supplements



Recovery products you may like:
Optimum Nutrition ZMA
USN Duramino
Coupons & promos
Sign Up
eVitamins, Copyright 1999-2016. All Rights Reserved.

Statements made about specific vitamins, supplements, procedures or other items sold on or through this website have not been evaluated by eVitamins or by the United States Food and Drug Administration. They are not intended to diagnose, treat, cure or prevent disease. The information provided on this site is for informational purposes only. As always, please consult with a licensed doctor or physician before starting any diet, exercise or supplement program, before taking any vitamin or medication, or if you have or suspect you might have a problem.

Privacy Policy | Terms and Conditions